2016年6月

本日のトレードポイント
市場は次の材料探しに・・・
何も起こらないと、再度100円割れを視野に・・・
■残留決定でも、中期戻り局面は売られる覚悟は必要
オーバーナイトポジションは取らない方針
ドル円は戻り局面では売り優勢で推移
下げ局面では、急ピッチな買い戻しも警戒する水準に
英国民投票で残留が確定しても、戻り局面では売り優勢?
■アジアタイムでは落ち着いていますが、売りも散見
■金買い原油売り → リスク回避の動き
■戻り待ち売りのトレンドは継続中
不安要因が多く、VIX指数(恐怖指数)が一晩で23%強上昇
VIX指数(恐怖指数)は、一晩で16.33%急上昇
■本日のテクニカルからみる目標値とは?
引き続き原油高&ユーロ買い(ドル売り)
「米利上げ遅延=ドル売り」という図式
■FRBは、安定的且つ持続的な金利上昇を望んでいるのか?
■105円ミドルを試す可能性も・・・
雇用統計は平均受給や不完全雇用率のデータの改善がないと、利上げ対象にはならず?
民間ADP雇用統計と全米雇用統計の数価のギャップをみると
買いから入っても、戻り待ちの売りがあることを常に意識