恐怖指数の安定が、ドル買い要因にも?

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



昨日のドル円は買い戻し一服で、108円台に突入しました。
4時間足ベースでみれば、移動平均線75を下値の抵抗としているのが
わかります。


■本日は、原油価格が堅調なこともありドル円は買戻し優勢と
予想しています。

やはり年初からの負のパターン売りは消えつつあり、リスク選好に
向けての準備段階に入りつつあるのが昨日の108円台の底堅さが
物語っていると思います。

また、最近の恐怖指数(VIX指数)も低位に位置し、安定路線に
入っています。
そのことからも「安定=ドル買い」を誘っていると思われます。


■本邦が米国との金利差だけでも米ドル買いが通常なことであって、
今までがリスク回避や世界的景気減速で避難先である日本円に
偏りすぎた感は否めません。

つまり安定に入りつつあることは、金利差を狙ったドル買いが通常のパターン
であり、その意味でもリスク選好に入りつつあるとみています。



■本日の目標値のポイントは、以下のとおりです。

y0512.jpg

・4時間足ベース移動平均線200(108.70円)
・フィボナッチ61.8%戻り(109.45円)



---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓


↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



---------------------------------------------------