戻り待ち売りと買い戻しの拮抗ポイントとは?

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


本日のポイントは、「米雇用統計の平均時給の上昇度合い」と
みています。

■現在のドル円は、目先、買戻し優勢となっているものの、年初から
10%強の円買いドル売りとなり、輸出企業をはじめ、日本経済の
下支えとなっていた頼みの綱である為替が、この状況では
どうにもならない状況です。

■昨日、欧州に訪問中の安倍首相が、メルケル首相にド急激な相場変動
に対する本国の為替介入同意を得ようと躍起になっていますが、
肝心な市場は冷静な展開をみせています。


■本日は、NYタイムに毎月恒例の雇用統計になるわけですが、
昨日の新規失業保険申請件数は予想よりも悪化し、雇用統計でもそれを
引き継ぐ内容となる可能性もありそうです。

ポイントは、平均時給が先月に引き続き伸びているのか?
先月は予想+0.2%に対して結果は、+0.3%となり、追加利上げに
対するデータとしては残せましたが、今夜の伸び次第では6月利上げに
対する材料になるかと思うので、注目したいところです。


■テクニカル面では、先月28日高値の111.80円近辺から今月3日に
かけて、一方通行の下落で105円ミドルまで下げましたが、GW中は
買戻し優勢になっています。

フィボナッチでみた場合、23.6%(107円)の戻りは達成し、次の
ターゲットである38.2%(107.95円)と言いたいところですが、
ここ2日間は107.40円前後で戻りの鈍さが早くも出始めています。

ポイントは、107円ミドルを超えるか? または、この水準で
失速してしまうか? です。

■107.50円を超えるようであれば、108円台は割とすんなり
トライしてくる可能性もあります。





---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓


↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス



---------------------------------------------------