109円90銭を超えると今後は押し目買い

  • 投稿日:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




昨日は、東京・ロンドンタイムまでは堅調に推移していましたが、
米製造業受注が3ヶ月連続のマイナスとなり、ドル売り優勢の展開と
なりました。
しかし、住宅市場の良好な数字もあって、109円台ミドル割れは
回避しました。



■最近の動きを見ると、110円台がドル売りの圧力を感じます。
テクニカル的には4月28日の111円台後半から下落、それに対しての
戻り相場にも関わらず簡単に戻ってきていません。

市場は、EU離脱に関する英国民投票や不安定な中国経済、そして
日本の消費税及び選挙といった、不安材料が蔓延していることで、
市場参加者がポジションを傾けられない状況が未だ続いています。

これらの要因も伴って、ドルの先高見通しやリスク選好になりづらい
状況なのかもしれません・・・。



■また、昨日は、安倍総理の「リーマンショック級」という言葉で
ニュースを埋め尽くしまし、財政出動の賛否を確認したかった思惑が
あったと思いますが、やや不調のイメージがあります。

しかし、今後はゼロ回答の可能性は低くなりつつありますので、
目先の材料が多すぎる為、レンジ内での動きに終始していますが、
一方的な円買い局面からは脱することも念頭に入れる必要が
あります。

y0527.jpg


■本日は、イエレン議長スピーチが最大の焦点になるとみています。

テクニカル的には、109円90銭レベルが重要なポイントであると
考えています。
もあり、このレベルをクリアできなければ、再度ドル売り円買い
反対にこの水準を超えて引けると、来週は押し目を拾う展開に
なりそうです。

---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓

↓↓
■ 成績公開!無料「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス