■薄商いの中、122円台が落ち着き処? テクニカル分析上の「上値/安値」目標値とは?

  • 投稿日:


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP  http://trade-time.com/

☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」  http://www.trade-press.com/

☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


みなさま、こんにちは。


■昨日は、122円台が落ち着き処である事を確認
できた一日でした。

トルコ・ロシア間の地政学リスクを背景に円買いが
先行する場面もありましたが、今月安値の
122.219円を割り込むことなく戻している状況です。


■本日は、米国感謝祭のため市場参加者がいつも以上
に減ることから積極的にポジションを傾けることは
無いと見ています。

また、特に大きな経済指標も無いことも閑散商い
になりやすいと思います。

 

■テクニカルでのポイントとしては、4時間足ベースで
一目均衡表の先行線を示す雲の下で取引していることが
わかります。

y1126.jpg

基本的には、「押し目買い」と見ていますが、
下値ポイントは一目均衡表転換線(122.573円)、
ボリンジャーバンド-1σ(122.484円)が押し目
のポイントになりそうです。

上値ポイントは、一目均衡表の基準線(122.752円)、
123円の節目と見ています。


■いずれにしても感謝祭で閑散になりやすく
格言でもあるように「閑散に売り無し」を頭にいれて、
押し目を狙うことが得策であると考えています。




---------------------------------------------------

■お知らせ■

↓↓

↓↓



↓↓↓


---------------------------------------------------