トレードタイム 「FXトレード 今日の急所」2013 1114

  • 投稿日:



皆様、こんにちは。




■8時間足トレンドチェック



※このトレンドチェックでは、原則「平均足改良版の8時間足
 チャートを使って現在のトレンドを確認することが目的で、
 「FXトレンド指南」とは異なるロジックです。




☆「ドル/円」⇒:先日記載済の「買い」ポジションは利益確定に:
(第1ポジション⇒+1230P達成)(第2ポジション⇒+1919P達成):
先日記載した買いポジションは(99.14)、は目標値の99.39に
到達しプラス25Pとなっています。現在は平均足改良版が
「陰線」となっていますので、「押し」を待つ展開です。




☆「ユーロ/ドル」⇒:終値(8時間足)が1.3497超えなければ:
(第1ポジション⇒+1883P達成)、(第2ポジション⇒+1583P達成):
中期トレンドは未だ「下降」を示している状況ですが、
平均足改良版は「陽線」継続となっています。ポイントは
8時間足ベースの終値が1.3497を超えない状況で、「陰線」
転換した時が、戻りとなりまた売りのタイミングとなって
います。



☆「ポンド/ドル」⇒:買いポジションLCに:
(第一ポジション⇒+174P達成)(第2ポジション⇒+1361P達成):
先日記載した1.6111での買いポジションは、サポートを割り込んだ
為にLCとなっています(マイナス167P)。
尚、現在の中期トレンドが「下」を示していますので、「戻り」
のポイントを探る展開となっています。







■ 本日の経済指標&イベント



※このコーナーでは、主要6通貨ペアに影響を与えそうな経済指標を
掲載しています。

16:00:GDP【ドイツ】
18:00:ECB月例報告【欧州】
18:30:小売売上高指数【英国】
19:00:GDP【欧州】
22:30:貿易収支【米国】
22:30:新規失業保険申請件数【米国】





■本日のピックアップ



【ポジションを傾ける方向】



■よく「皆の行く道」の反対を行け、という言葉がありますが、
これを聞くと、何だか行き過ぎたところで、その後も追い
かけるのではなく、その時点で逆張りを仕掛けるイメージ
が先行してしまいます。

その時、多くの投資家のポジションが行き過ぎた所で
その後も追い続けていのではあれば、「大衆の反対」と
なります。その様な時は「人の行く裏に道あり花の山」が
当てはまります。


なので、日本の個人投資家は「逆張り」を好む傾向があり、
また途中、損失を抱えそうになると、ナンピンしてその含み損
を無くそうとします。





■相場の世界で一番儲かる状態とは、トレンドに乗れて
ポジションを増して増やした時です。


ナンピン(難平)はある程度効果が期待できるときもあり
ますが、リスク管理を厳格に行わないと大損失につながり
ます。

通常の生活は、普通通りであっても、相場なってしまうと
素直になれずに周りと反対のことをしてしまうことが
多い場合があります。





■使うべきポイントは、異なる時間軸の流れを確認することと、
確率の高いエントリーポイントを探ることです。

片張りのトレードが上手くいくようになれば、その他のトレードは
そう難しくありません。ただこの片張りトレードが難しいのです。


最近の個人セミナーでは話をしているのですが、将来何らかの
目的があって、市場から「利益」を思っているのであれば、
絶対FX,または株だけと限定しない方が良いと思っています。


私の場合、、、
国内市場ではできないのですが、「上」か「下」かの予想を極力
しないで、機械的に「作業」を繰り返すトレード方法というものも
実践していこうと思っています。





■こんな感じで、一緒に上記の考えに賛同して頂ける方が
いるのであれば、一緒に勉強していくのもありだと思っています。
(ご希望の方はメールでお願い致します)


今週末は「7時間セミナー」、来週はあるFX会社さんでも
お話をする機会もあり、何かと忙しい日々が続いていますが、
皆様も風邪等には十分きおつけてください。





----------------------------------------------
■「無料!トレーダー育成 動画プログラム」の公開です。

この度、無料でトレード動画をご覧になれるコンテンツを用意致しました。

下記のアドレスから登録をして頂くと、自動返信メールにて
IDとパスワードが記載されています。
↓↓↓↓
http://trade-time.com/trader/

----------------------------------------------