ドル安円高:シカゴの日本円の動向&今週の戦略

  • 投稿日:

いつもお世話になり有難うございます。

トレードタイムです。

■先週のレビュー

先週のドル円は、大幅に円高ドル安局面となりました。株式市場は戻り局面になっているものの、このドル円に関してはその気配すら見えない週でした。年度末特有のレパトリ(外国に投資されていた資金を本国に還流)の動きや日米の財務相の発言、更にトランプ大統領のけん制発言が加わり、円買い要因が出揃った格好となり、一時105.55円まで下落する場面もあり、週末こそ何とか戻りはあったものの底が見えない展開となっています。

■これまでの当面のサポートとされてきた昨年の安値107.30円を突破したことで、流れが完全に円買い優勢となったのはいうまでも無い状況です。

やはりシナリオとすれば、トランプ大統領の2期目の動向が全てだと思っています。

先週も大統領は「対米貿易黒字国は貿易上の同盟国ではない」との発言で日本に対してけん制していることは確信ができました。また、貿易だけでなく、日本の軍事費や防衛費にも不満を出し始めているのが印象的です。つまり、「米国ファースト」でなければ、これまでの全ての条約もリセットするのがトランプ大統領の全ての狙いであることが最近の言動や行動に出ています。

となれば、少なからず日本サイドとしても、この円高の流れに関してはある程度は要因せざるを得ない状況で「円売り介入」の可能性は現時点では考えられません。

更に、チャート的にも最後の砦、昨年の安値を割り込んだことで、アジアタイムで下落が目立ち、押し目買いは全く見られず、むしろ「投げ」にもみえました。

■特に気がかりなのが、シカゴの日本円の動向です。

このレベルまで下落しても大口投機家が一向に投げていないのが特徴的です。ちなみに先週末現在の発表で11万5509枚の売り越しになっています。この売り越しこそが、更にドル円の上値を抑えているのではないかと思っています。

■最後に、今週のポイントとすると、21日のFOMC議事録と週末の日本の消費者物価指数だと思っています。チャート的には下ヒゲをつけたことで若干安心感があることで戻りを探す週になるのではないかと思っています。

イメージとしては・・・、

2月2日の高値110.47円と先週末安値105.55円に対する

23.6%戻り・・・106.70円

38.2%戻り・・・107.41円

目先は、先週末安値105.55円で逆指値の売りが有効になりそうです。



---------------------------------------------------

■お知らせ■
↓↓
「FXエキスパート」売買成績の公開です!

↓↓
3月開校の横浜市都筑区の株式講座

↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】

↓↓
横浜・大阪で開催します!【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】です。
---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

ドル円は戻り売り継続で111円の攻防(今週の見通し)

  • 投稿日:

いつもお世話になり有難うございます。

トレードタイムです。

■先週のレビュー

先週は、日銀のテーパリング観測が高まったことや中国が米国債の
売却報道を材料に円買いドル売りが優勢となりました。

しかし、中国政府が米国債の減額報道を否定することもあり、
下げ幅は限定的となり、111円台はキープしました。

一方、ユーロ圏でも動きがあり、ドイツの大連立協議暫定合意を
受けてユーロが大幅高になったこともドル売りを誘いました。
結局、ドル円においては昨年11月27日の引値(111.08円)を
下回る水準、111.04円で終了しました。

■今週は特に大きな発表はないものの、相場にとっては
先週の動きをみる限り、やや円高にふれる可能性が出てきました。

昨年もここでの記事にも記載しましたが、IMMの日本円の
ポジションが大幅に積みあがっていたので、いずれはこのように
大幅なポジション調整が入る可能性もありました・・・。

■米国サイドの材料に関して、昨年の大型減税法案を決定したことで
一旦、相場においては織り込まれました。

今後の注目ポイントは、何と言っても日銀のテーパリングがいつなのか・・?

特に日経平均株価をはじめ、景気指標もそれなりに上向いているのは
確実であり、「物価上昇」や「インフレ」意識して始めたマイナス金利も
ここにきて副作用が市中銀行に出始めてきています。

その意味でも、マイナス金利を解除する可能性も考えておくべきです。

■最後に、ドル円のチャートです。

先週の日足チャートでは「5本連続の陰線」でした。

ちなみに昨年の1月同時期も1月9日から17日まで「7本連続陰線」でした。
値幅的には117円から112.60円と4.4円の円高でした・・・。

今年は113円から下落しているので、昨年を例にとるのであれば
110円割れも不思議ではなく、戻りを待つ展開になりそうです。


---------------------------------------------------

■お知らせ■
↓↓
インディケータ付きプログラム「FXエキスパート」の公開です!

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】


---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

目先のドルインデックスには注意&今年の注意すべきポイント

  • 投稿日:

■先週は、日米ともに株価の高値ラッシュが続き、リスク選好の
展開が継続しました。そんな中、米ドルや日本円が積極的に売られ、
反対にユーロが買われています。

特に先週末の雇用統計では、予想には届かなかったものの、
好調の目処とされる10万人の大台を割り込むことも無く、むしろ
平均賃金が予想通りの数値だったことが安心感として評価されています。

■今年はやはり以下の点に注目しています。

・史上最高値を形成中のNYダウと26年ぶり高値の日経平均株価の動向

・下落トレンド継続中の米ドルの行方

・日銀のマイナス金利解除

・北朝鮮のミサイル問題の行方と軍事行動

この中でも、株式市場においては高値を決め付けるのも難しく、まさに
青空天井の展開で、現在の状況から下降局面の継続とは
想定しにくい状況です。


しかし、日米ともに抱える問題はあり、表面化してもおかしくない
ということは持っておくべきと考えています。

以下は、中期的なマイナス要因です。

■米国においては30年ぶりとされる抜本的な税制改革案を成立させ、
一見視界良好にもみえるものの、オバマケア廃案によって数千万人に
影響が出ることもあり、貧困層においては今まで以上に
逆風に追い込まれそうです。

また、低支持率の低空飛行で中間選挙を向かえることもあり、
2年目のトランプ政権にとっては巻き返すだけのサプライズ法案を
出さない限り、政権運営に暗雲が立ちこむ可能性もありそうです。

一方、日本においても26年ぶりの高値を形成中の日経平均株価ですが、
こちらも不安要素がそろそろ表面化しそうです。特に、日銀は
マイナス金利を導入してから1年が経過し、その影響は
メガバンクをはじめ銀行の運用に直撃しています。

今や運用先は外債しかなく、むしろリスクを更に強めており、
為替相場の動向次第では経済全体を冷え込ませる可能性もあります。

今年はメガバンクにおいては運用が厳しいことを理由に「口座管理手数料」も
検討しているので大変驚きです。利子どころか手数料発生で、
消費者のヒモは更にきつくなるのではないかとみています。

その意味ではこのマイナス金利の長期化は消費者を
苦しめるものになる恐れがあります。

■最後に、今週のドル円です。

今週の注目の経済指標は週末の米国12月 消費者物価指数(CPI)と
12月 小売売上高になります。

先週末の12月 ISM非製造業景況指数が不調だっただけに
より注目されそうです。

目先のドルインデックスには注意:

ドルインデックスは、昨年9月安値水準に接近し、これを割り込む
ことで大幅に売られることになりそうです。

その意味ではドル円においても上値を抑える材料になりそうです。

ドル円においては12月高値の113.75円を上回るまでは買いたくない
イメージです。下値においても、112円を下回った段階から逆指値で
注文をするイメージです。

---------------------------------------------------

■お知らせ■
↓↓
インディケータ付きプログラム「FXエキスパート」の公開です!

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】


---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

年末相場:市場参加者が少なくなる中での売買ポイントとテクニカル面

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■先週のドル円は、FOMCを中心としたイベントで予想通りの
追加利上げを行ったものの、その後のイエレン議長の発言に
サプライズがみられず、「事実で売る(セル・ザ・ファクト)」
展開となりました。

しかし、112円では機関投資家の押し目買いも入り底堅いも
みられました。そして、週末は米国による年内の
税制改革法案成立見通しから反発し、112円ミドルレベルで引けました。

■今週は、クリスマス休暇に向けて市場参加者が少なくなり、
動きが緩慢になりやすい展開を予想しています。

そんな中、以下のポイントに注意したいと思っています。

・米国の税制改革法案の見通しや22日までのつなぎ予算の行方

・米国の7-9月期GDP(確定値)や11月 個人消費支出(PCE)といった経済指標

・テクニカル面

■先週末の税制改革法案においては、早ければ20日にも最終調整の末、
可決される見通しでドル円相場にとっては、押し上げる
可能性があるとみています。

しかし、同時に気にしているのは、米国の追加利上げの見通しが
来年においても引き上げると言うことになれば、減税と利上げで
相殺してしまう可能性も否めなく、むしろ個人消費や賃金上昇が
低調な米国民にとっての消費動向が鈍くなるのではないかとみています。

特に、この税制改革においては2019年以降に実施されるので、
この効果が現れるとすればそれ以降になること、そしてその前に
重要視されるのは、物価や賃金動向がこの追加利上げに
耐えられるのか。今一つ楽観できないとみています。

■また、この税制改革が成立することで、世界的にみても
日本やドイツにおいては高税率になり、その影響はいろいろな
意味でシワ寄せがでてくるとみています。

米株高に日本株はいずれ、ついていけなくなり、本当の意味での
正念場は来年、再来年にやってくる可能性がありそうです。

■テクニカル面では・・・

112円が下値抵抗になっています。

ポイントはやはり、移動平均50日線(15日現在:112.87円)の
上値抵抗に注目したいです。

これを超えるようであれば、12月12日高値113.75円に
注目したいです。

いずれにしてもこの辺りの狭いレンジになりそうです。

時間軸の短いものでカウンタートレードも有効ではないかとみています。

---------------------------------------------------

■お知らせ■
↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
個人投資家に有利なFXオプションセミナー開催!


---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

雇用統計のポイントと今週のテクニカル面での戦略について

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■先週のドル円は、29日の北朝鮮による新型とみられる
弾道ミサイル発射実験により一時、111円を割れる場面があったものの、
断続的に押し目買いとみた機関投資家のドル買いや
米税制改革の進展によって、株高からリスク選好の展開となっています。

その後、ロシアゲート問題が浮上し下げたものの、112円ミドルを
キープして終了しています。

■好材料が多い中でも「不安材料」はないのか?

期待先行の米株式市場も、いよいよ米税制改革が年内成立に
向けてクライマックスになっています。

上院でも可決で進展し、ムードとしては最高潮の12月を迎えています。

しかし、そんな中でも気がかりな材料をあげてみます。

1:上院や下院で可決した税制改革の内容に若干のズレがあり、
今後そのズレの修正になり再度、可決させる方向になるので、油断を許さない点

2:経済指標においては、米GDPをはじめ好調が目立つものの、
肝心なインフレ指標が追従していない点

■今週末の雇用統計の「平均時給」に注目

インフレ兆候がみられないまま、金融引き締め路線を引き継ぐ、
次期FRBパウエル議長の舵取りの難しさ故に、その動向次第では、
緩やかな利上げ路線の変更もありえます。

その意味でも低インフレを象徴する平均時給の結果にも注目です。

未だ前年比ベースでは3.0%上昇には届かずの状況が継続するのであれば、
米CPI(消費者物価指数)にも陰りが出始め、その流れから株式市場にも
影響が出始めるのではないかとみています。

■IMMの円売りポジションは前週比からは若干
減少しているものの、依然として高水準にあります。

上記の懸念材料次第では、ポジションも一気に解消する恐れもあるので注目です。

ドル円の日足では、移動平均50日線(1日現在:112.81円)が上値抵抗に、
下値抵抗としては100日線(1日現在:111.58円)となっているので、
この辺りも注目してトレードしたいと考えています。

■目先のテクニカル面では・・・、

中期トレンドを示す週足の平均足(改良版)は、陰線継続中で、
大きな戻り場面では売り優勢となっています。

しかし、日足ベースは陽線継続で買い優勢で、短い足で「押し目」を
拾う展開が続いていますが、結局のところ、安値レベルでの買いは
機能する流れが続いていますが、オシレータが買われ過ぎのレベルでは利食い、
または新規売り、そして下げた場面では買いのレンジ相場独特の動きが続きそうです。

---------------------------------------------------

■お知らせ■
↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
今年最後の【FXトレーダー養成セミナー&FXオプションセミナー】開催!
---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

今週のポイント&ドルインデックスは「ダマシ」でユーロ高に

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■先週は、FOMCの議事録の内容や米株式市場の下落、
そして米10月耐久財受注の下振れにより、米長期金利の低下を
招き、ドル円も9月20日以来の111円台前半をつける
展開となりました。

また、週後半は日本の休日や感謝祭が重なり、市場参会者が
少なく商いは低調となりました。

結局、111円ミドルで終了しています。

■今週のポイントは
今週は期待されている「米税制改革の行方」の動向や
米7-9月期GDP(改定値)に注目が集まります。

特に、トランプ大統領が早速、28日に開く昼食会で法人税率の
大幅引き下げに関する協議を発表しているので何らかの
手がかりが出ると思います。

特に、下院は可決しているものの、今月中に上院は
可決したい意向が見受けられます。

しかし、上院での定数が僅かしか上回っておらず、仮に
造反する議員がいるとすれば可決が難航する恐れもあるので、
未だ微妙な情勢であるとみています。
それを踏まえると、最近の長期金利の低下は
先読みし始めているのではないかとみています。


■ドルインデックスは「テクニカル上のダマシ」

その米ドルの強さを示す、ドルインデックスの動きは、
下落トレンドもしくは持ち合いのゾーンへと変化しつつあります。

日足をみると「逆三尊」を形成して、10月27日には95.00まで
上昇したものの、先週から一気に急落しています。

特に、移動平均50日線に注目しているのですが、9月の終わりに
一度、この50日線を上抜け、その後もこの50日線がサポートと
して作用していましたが、今週そのサポートをあっさり
下抜ける展開となりました。

つまり、この「逆三尊」はダマシになってしまったと言え、
米ドルの不安要素がチャートに残り、12月を迎えます。


■ドル円も「50日線」が重要なライン

ドル円においても、この移動平均50日線が重要で
あったことがわかります。

先々週末、この50日線を下回り、更に先週の月曜日と火曜日の
高値がこの50日線のレジスタンスとなっていることがわかります。
112円が押し目の最安値とみた機関投資家のストップを
招き、水曜日の急落に繋がっています。

つまり、この50日線は最近の重要なラインであることがわかります。


■一方、ユーロドルにもこの「50日線」が当てはまります。

春先から、テーパリングをキーワードに上昇トレンドが著しい
ユーロドルのチャートは、一旦、9月の終わりにこの
50日線を下回りました。

下抜けたことで、この「50日線」が
反対にレジスタンスに変わり、先週このレジスタンスを上抜け、
サイド上昇トレンド再開の見方をしています。

むしろ、日足チャートでは「三尊天井」の見方が有力でしたが、
先週の上昇によって、これが「ダマシ」になった可能性が高いとみています。

最後に、ドル円においては戻り待ちになる可能性が高いので、
安易に押し目買いは禁物だと見ています。


---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓
無料シグナルも公開中【トレードプレス】

↓↓
コアスペースでFXの勉強会の広場を提供

↓↓
今年最後の【FXトレーダー養成セミナー&FXオプションセミナー】開催!
---------------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

ドル円:押し目買いと114円ミドル越での逆指し買いの両面で対応

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■今週の目玉となるのは、トランプ大統領によるアジア歴訪が
メインになると思います。

特に、北朝鮮に対する圧力、軍事的オプションに対する発言を含め、
やや警戒感は増幅するとみています。

また、そのトランプ大統領の動きを横目に北朝鮮の動き
にも注目したいです。

そんな地政学リスクがある中で、高騰続ける株式にも
ブレーキがかかる可能性もありそうです。

■30年ぶりの税制大改革によって、国際的な税率引き下げ競争が
激化する可能性があることから、これまでの「米株高=日本株高」と
いった方程式も崩れる恐れもあるとみています。
これまでは、米株高が世界的な株高の材料になっていました。

しかし、今後は、この急低下する税率を横目に、日本を
含めた先進国もこの対応策に迫られることに・・

更に米国で稼ぎ出した資金を持ち出す際の大幅な課税も
ありえるだけに、日本国内の企業業績にも悪影響が予想されます。

結果的には、米国第一主義がこの大幅減税改革によって、世界的な
貿易構造も変化する可能性と為替ヘッジも今まで以上に
必要になるのではないかとみています。


これは、今週限定の材料ではないので、年末から来年にかけて
警戒する材料になるので、頭の片隅に残しておきたいです。


■ドル円に関しては・・・、

シカゴIMM日本円に関しても、先週同様、大口投機玉はネットで
11万8,869枚に売り越しで更に拡大しています。
売られすぎに注意が必要な水準です。

目先のテクニカル面では、週足、日足共に中期上昇トレンドを

継続中で、押し目買い優勢で回転を効かすようなイメージでみています。

目途は、日足チャートでは、今年5月と7月の114円ミドルが
抵抗になりそうで、この水準では利食い売りも出てきそうなレベルです。

但し、終値ベースで114円ミドルを超えた場合は、節目の
115円がターゲットとなるため、予め逆指値での買いも優勢になりそでうす。

もちろん、押し目いも優勢でその場合は、113円後半の水準で、
段階的にポジションを分散する考えです。

---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓
↓↓

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

下値の目処は先週安値レベル。ここを終値ベースで割り込むと調整が加速する可能性も

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■今週は、クロス円が予想以上に重い展開になることも
想定しておく

先週は、連騰続ける株式市場を背景としたリスク選好の展開で
ドル円相場も114円台に突入しました。
また、注目されていた米7-9月期GDPの結果、予想値(+2.5%)を
上回る3.0%、そして期待されている税制改革の進展を
横目にドル円の押し目が拾われていました。

先週の米7-9月期のGDPや日米の株式市場をみれば、リスク選好の
環境から年末に向けて押し目買いが正攻法と思っています。

しかし、死角が無いとき時こそ、警戒レベルを上げなければ、
足元をすくわれるのも相場です。

■ここにきて、カタルーニャ独立宣言を背景に
政治リスクが台頭しました。

このことは、昨年の英国のEU離脱の流れを継承し、世界的にも
保護主義色が強まりつつあります。
少し前に言われた「グローバリゼーション」が
何か懐かしく感じるほどです。

世界同時好況時代などといった世界観はいつの間にか
消え去りつつあり、これまでの機関や機構も見直す時代に
突入し、世界的に所得格差が再び広がりつつある
のではないかとみています。

つまり、こういった独立宣言的なものは、伝染病のように
世界的に蔓延する恐れすらあり、結果的には、「政治危機」に
発展し、市場の流れとしては「リスク回避」に繋がる
可能性もあるので、その意味ではクロス円は
これから警戒したいです。

■IMM日本円の円売りポジションをみると17.6万枚で依然として
10年ぶりの高水準になっています。

また、売り越し幅にしても、12万枚弱で非常に高水準に
なっていることも警戒しています。

北朝鮮リスクも忘れてはいけない・・・

特に、11月初めのトランプ大統領の訪日の際に、北朝鮮の
核問題やミサイル、そして拉致問題まで議題にすることで、圧力強化を
求める方針とみているので、北朝鮮も軍事行動に出る可能性も
否めないとみています。つまり、トランプ大統領の来日に合わせて、
弾道ミサイルを放つ可能性もあるので、警戒レベルを
今まで以上に上げる必要がありそうです。

■テクニカル面では・・・

週末時点の日足は、上髭陰線が出ています。

これにより、一旦は売り優勢になる可能性があります。

下値の目処としては、先週の安値近辺、「113.20円」。

これを割れるようであれば、112円前半もあるので、利食いや
ロスカットの値幅を狭めて商いをこなしたいと考えています。

特に週末には雇用統計も控えているので、週末までに
ポジションはスクウェアにしたいです。

---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓
↓↓

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

記録ラッシュが続く株式市場の死角も考慮しながら押し目を拾う展開

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■記録ラッシュの株式市場に死角はあるのか?
記録的な株高が続く、日米の株式相場は、「押し目待ちに
押し目なし」の格言に相応しい上昇トレンドとなっています。

・日経平均株価・・・57年ぶりの記録タイとなる14連騰(週末時点)
・米株式主要3指数・・・史上最高値更新ラッシュ

株高という点でみれば「リスク選好」から円を売って、ドルを
買う動きは否定できません。

しかし、こういった記録づくめの裏を考えるのが、相場であり、
投資家の欲でもあります。

つまり、この記録的な株高がどこかのタイミングでクラッシュする
可能性も僅かながらあることを念頭におきたいと考えています。

特に史上最高値を続ける米株式市場に死角とも言える材料は
以下のものだと考えています。

・メキシコ国境の壁
・ヘルスケア問題
・ハリケーン被災地救援


■先週末、米上院で予算案が可決したことは確かに大きな
前進であり、スタートしたと思います。

しかし、上記材料は党派間の論争は年末に向け更に強まる
見通しであり、歳出法案の協議の先行きにおいても暗雲が
生じはじめています。

また、12月9日以降の政府機関閉鎖回避もあるが故に、
予断を許さない状況となっています。

特にトランプ政権に代わり、最初の1年での成果が上げられないと
いう可能性も浮上し、来年の中間選挙にも影響がありそうです。

この歳出問題が多くの時間を費やすようであれば、税制改革を年内に
実施する時間は少なくなるので、更に不透明感も
増すので注意は必要です。


■次期FRB議長にも注目!

そんな不安定な材料がある中で、FRB時期議長も今週内には
決定する見通しです。

パウエルFRB理事かテイラー教授のどちらかが選出される
見通しのようです。もしパウエルFRB理事が選出される
ようであれば、イエレン議長の流れを引き継ぐ格好になりそうです。

その意味では、慎重な追加利上げが想定できそうです。
しかし、テイラー教授になるようであれば、タカ派よりの
イメージが強く、来年度の追加利上げと資産縮小を加速する
可能性があり、一時的にはドル高になるものの、その歪みには
警戒が必要になりそうです。


■為替市場ではIMM日本円のポジションは高水準!

週末の日足上では、大陽線で買い優勢の展開の中、衆院選で与党が
2/3を維持したことで、リスク選好となり、本日は窓をあけて
スタートしています。

テクニカル面での上値のターゲットは、5月と7月の114円
ミドルとなっています。

引値ベースで超えるようであれば、115円の節目も視野に
入れる必要がありそうです。

しかし、この5月からのレンジを抜けるには、もう一つ大きな
インパクトある材料が必要であるとみています。

また、引き続きIMM日本円のポジションは買い越し残高が
10万枚を超え高水準になっているので、高値追いには警戒しながら
短い足で安値を拾いながら早い回転売買が優勢になりそうです。

---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓
↓↓

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************

IMM日本円ポジションは再び「大幅売り越し」&米CPIの低調は来年の利上げに影響

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式トレードサイト:http://www.trade-press.com/
☆☆ 「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になり有難うございます。
トレードタイムです。

■今週は、17日から米韓軍事共同演習に入ることや18日の
中国共産党大会が開催されることから北朝鮮のミサイル発射も
視野に入ることで、地政学リスクがドルの上値を更に
重くすると予想しています。

もし、北朝鮮がミサイル発射を実行するようであれば、
偶発的な衝突も引き起こす可能性があるので、
その動向には警戒したいです。

更に、トランプ大統領はイラン戦略で欠く合意不支持を
表明していることでもわかるように、北朝鮮の核保有を
意識した行動にようにも見えるので、その点においても、
更に地政学リスクは強大なものに発展する恐れが
あるとみています。

また、気がかりなのが先週末の米9月消費者物価指数
(CPI)の低調ぶりの数字です。

予想値0.2%を下回る0.1%という結果には、やはり
低インフレが長期化することが裏付けられたのでは
ないかとみています。そのことは、FRBのメンバーの
中でも意識され始め、結果的にはFOMC議事録
でもみてのとおりです。

仮に12月の利上げは、既に相場には織り込み済みで、
来年の3回の利上げ見通しは暗雲が出始めていると
思っています。

その意味では、ドルインデックスもチャート上では
三尊形成しかけていますが、それも底割れする
可能性があるとみています。

■一方、IMM日本円のIMM日本円の大口投機玉は
ネットで101,419枚の売り越しになり、再び
売られすぎ感が台頭しています。

また、日本円の売り持ち高に関しては、2014年以降
3年ぶりの高水準になっています。その意味でも、
この水準では散発的に利食い売りも出やすいと思っています。

■最後に、ドル円のテクニカルです。

日足ベースの平均足(改良版)が陰線継続の中、上値が
重くなっている状況です。

また、今月10日の安値111.98円を割り込んだことで、
更に調整が入る可能性があるとみています。

下値の目処としては、75日線(13日引値ベース:111.16円)や
100日線(同111.10円)に集中していることから、
111円をキープできるかが最大のポイントとみています。

株式市場においては現在、楽観的な見通しで米国は
市場最高値を更新し、日本では21年ぶりの高値に
なっていることも何かのシグナルを出しているような気がします。

---------------------------------------------------
■お知らせ■
↓↓
↓↓

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

トレードサイト:http://www.trade-press.com/

**************************************