■ドル円は急落リスクを抱えながら戻り場所を探す展開

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

本記事をご覧頂き有難うございます。

---------------------------------------
☆新しい戦略方法も公開!☆
【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催です。

※少人数制ですのでお早めに

セミナー詳細はこちらお願いします。
↓↓

【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】
http://www.trade-press.com/2019/01/15/7semi-yoko/
---------------------------------------


■先週は、パウエルFRB議長の発言や米中次官急通商協議の
進展期待から、

株式市場が上昇し、リスク回避が抑制されたことで
108円台をキープした格好で終了しました。


しかし、米中協議での構造的問題に対する具体案が
出なかったことは、

やや懸念材料が残ることで下値に対するリスクは
未解決の状況となっています。


今週は、以下の材料に気をつけたいです。

・米政府機関閉鎖の行方
・米小売売上高の結果
・英議会でのEU離脱合意案の採決


■まず、過去最長となっている米政府機関の一部閉鎖が
ついにクリントン政権時代の記録を塗り替えました。


国境の壁建設を巡っての協議は暗礁に乗り上げ、
直近でも話し合いの予定は無いようです。

既に報道では2月末までの可能性もあるので、
今後の米景気状況にも影響を与えかねない
情況なだけに注視したいです。


■次に、下降傾向が鮮明になりだした米経済指標です。

先週もISM非製造業景況指数予想値を下回り
今後の景気減速を予想しているかのような
結果になっています。


先週末のCPIはかろうじて予想値と同じ
結果になったことで、

下値リスクは回避されたものの、
今週16日の小売売上高には警戒したいです。


もし下方修正される結果となれば、
追加利上げに対する悲観論が台頭し、
ドル売り優勢の展開になるので注視したいです。



---------------------------------------
☆新しい戦略方法も公開!☆
【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催です。

※少人数制ですのでお早めに

セミナー詳細はこちらお願いします。
↓↓

【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】
http://www.trade-press.com/2019/01/15/7semi-yoko/
---------------------------------------

■最後は、延期されていた英国のEU離脱協定と
政治宣言を巡る英下院の採決が
今週15日に設定され、大注目になります。

もし、否決されるようなことがあれば英ポンドが
急落する可能性もあるのでリスク回避の兆候が
出るのではないかとみています。


■最後にドル円のテクニカル面です。

チャート上では戻りを試したい動きになっています。

当面は先週8日高値の109.09円をターゲットに
なりそうですが、

もし、これを上抜けるような事があれば、
直近の下落に対するフィボナッチ半値戻り
109円ミドルとみています。

しかし、戦略とすると109円台からは
積極的に売りで攻めたいと考えています。

---------------------------------------
☆新しい戦略方法も公開!☆
【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】開催です。

※少人数制ですのでお早めに

セミナー詳細はこちらお願いします。
↓↓

【7時間集中!FXトレーダー養成セミナー】
http://www.trade-press.com/2019/01/15/7semi-yoko/
---------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

為替相場状況:現状は「戻りを待って売る」展開に

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

皆様、あけましておめでとうございます。

本記事をご覧頂き有難うございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------
★全てが揃ってこの受講料!参加後は毎週無料で新規動画もみれる!

【FXエキスパートプログラム】

詳細はこちらから
【FXエキスパートプログラム】
http://trade-press.com/fx-expert-program/

・売買ロジックの提供
・チャートインディケータの提供
・200本以上のトレード動画
・一度参加をすると、今後のトレード動画が無料でご覧になれます!

-------------------------------------------

■昨年末と年初にかけ今後のドル円初め、

為替全体的に荒れる可能性を示唆した動きがありました。


これまでも米国国家をはじめ
トランプ大統領就任時から何かアメリカンドリームを
彷彿させる動きの中、

米国一人勝ちというイメージで米ドル買いを
積極的にしてきたのは事実です。


しかし、蓋を開けてみればその中身たるもの事実と
乖離する内容になっていることで、

投資家はそのこと事態を
受け止められなくなってきています。

■乖離するとは、

トランプファーストという保護主義が
もたらす他国に対する歪みが地盤沈下のように
押し寄せ、

経済だけでなく政治や地政学といったとところまで
おかしくなり始めているのが事実です。


為替相場の動向を決める上での
要因は基本的には、

金利動向に始まるわけですが、

現在では政治や経済といったところがメインになり
強いては地政学まで材料になっている現状です。

つまり、それだけ世界的に不安要素があり、
不透明な材料が次から次へと出始め結果として、
安全逃避として「金(ゴールド)や日本円を買う」
動きになっています。


■為替だけでなく、日米の株式市場をみれば、

つい先日の中国の経済不振を理由にアップルショックから
株安が進行し、

今後も中国の経済動向からは目が
離せなくなったのは事実です。

先週の中国の経済指標もかなり不調を示す
結果となり、

米国一強を固持するのは難しくなったのは
事実です。

それと同時に本国でもあのNTT上場以来の
期待が寄せられていた「ソフトバンク」が
上場と同時に下落することで投資家心理を
一気に冷やす格好となりました。


この株式市場の動向は
今後の為替相場のメイン材料になることは確かで、
特に今年上半期は注目したいです。

■そして今週は、米国と中国の経済指標に注目しています。


特に消費者物価指数に関しては
両国とも発表するので

NYタイムだけでなくアジアタイムも大きく動く
可能性があるので気をつけたいです。


■最後に、テクニカル面からみたドル円です。

年末年始で一気に売り優勢の展開となっています。

今週は戻りを探すことになりますが、イメージとしては、
昨年12月14日の高値113.69円と今年2日の安値105円に
対するフィボナッチ、50%戻り(109.33円)

もしくは大台の110円が限界とみています。

いずれにしても戻りを待っての売りを
メインに戦略を想定しています。


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

急落リスクを抱えながら、下値を試す展開も「目先の」買戻しには注意

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

今回は今年最後の配信になりますが、今年は
どの様な一年でしたか?

来年は、より一層皆さまのお役に立てることが
出来る様、幾つかの企画を考えていますので

来年もよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------
★全てが揃ってこの受講料!参加後は毎週無料で新規動画もみれる!

【FXエキスパートプログラム】

詳細はこちらから
【FXエキスパートプログラム】
http://trade-press.com/fx-expert-program/

・売買ロジックの提供
・チャートインディケータの提供
・200本以上のトレード動画
・一度参加をすると、今後のトレード動画が無料でご覧になれます!

-------------------------------------------


■今週は、年末に向けて参加者不在で閑散の中、
急落リスクを抱えながら、
下値を試す展開を予想しています。


先週は世界的景気減速懸念が囁かれる中、

日米株式市場の年初来安値更新したことを受けて、
リスク回避姿勢が強く
円買い優勢の展開となりました。


また、米国ではマティス国防長官辞任や
米連邦政府機関閉鎖懸念といった材料が重なり、

更にムードが悪くなり上値が重い展開が
継続しています。

■さて、今週はまず米連邦政府機関の行方が
ポイントになりそうです。


暫定予算の期限が21日で期限切れとなったことで
事実上、一部閉鎖することとなり、
職員80万人に影響がでることとなってしまいました。

また、トランプ大統領もメキシコ国境建設費用を
承認しない限り、長期間閉鎖することも
辞さない構えのようです。


この影響は少なくても米経済にも影響が
でることは必至で

株式市場も底抜け暴落になる可能性もでてきました。

これにより、リスク回避の動きはより色濃く
出ることが予想されるので、
大台割れも時間の問題になるのではないかとみています。

■一番気がかりなのがIMM日本円の投機筋の動きです。


先々週末発表の日本円の売り越しは10万枚の
大台を割り込んだものの、

先週末の状況をみると、再び10万枚を上回っています。


もし110円の大台を割り込む状況になると、
投げてくる可能性もあるので警戒したいところです。

これまでレンジと思っていたドル円も

ここにきてトレンドが出始めているので
戦略を変更せざるを得ない状況なのでは
ないかとみています。


また、NYダウも23000ドルを下回り、
日経225先物も歩調を併せるように20000円割れとなり、

チャートもダブルトップ形成となり、
天井を思わせる格好となっています。


今後は株式市場の動きを横目にしながらの
展開になるとみています。


■最後に、テクニカル面からみたドル円です。


最近の112円-114円の狭い三角持合を下抜けています。

また、日足上では200日移動平均線がサポートと
なっていますが、

もしこれを割り込むとなると、

大台はあっさり抜ける可能性もあるので、
これまでのような押し目買いには
気をつけたいです。

ここでの記事でも書いていますが、
上昇トレンドも時間的に長かったこともあり、
そろそろ調整はあると見ていましたが、

来年に向けては
大幅調整の年になるのではないかとみています。

日米金利差でドル買いをしていた投資家もそろそろ
戦略選考に迫られる動きになりそうです。


下値のターゲットは以下のとおりです。


今年3月安値(104.56円)と10月高値(114.56円)に
対するフィボナッチ

・38.2%・・・110.71円

・50.0%・・・109.54円

・61.8%・・・108.36円


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

為替市場は大きな調整局面に突入? 注目のFOMCはどうなるのか?

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------
★全てが揃ってこの受講料!参加後は毎週無料で新規動画もみれる!

【FXエキスパートプログラム】

詳細はこちらから
【FXエキスパートプログラム】
http://trade-press.com/fx-expert-program/

・売買ロジックの提供
・チャートインディケータの提供
・200本以上のトレード動画
・一度参加をすると、今後のトレード動画が無料でご覧になれます!

-------------------------------------------


■今週は、イベントと株価の動向の狭間で
右往左往するものの、

結果的に大きな調整局面に突入する可能性が
濃厚とみています。


■その1つの理由は、先週末の株価の動向です。

中国やユーロ圏での経済指標が悪化したことを発端に
NY市場でも世界的景気減速懸念が台頭し、

一時NYダウも500ドル以上の下落がありました。

また、S&Pも今年4月以来の安値に突入したことで、
株価においては大きな調整局面との見方もでてきました。


■振り返ればやはり政治絡み、

特にトランプ大統領が標榜する「米国ファースト」が
世界経済を狂わせたことは株価からみても
明らかになったと言えます。

2000年以降の世界はグローバル経済の中で
成長してきました。

しかし、今はローカル経済化し始めたことで、
自国優先、個人優先といった考え方のもとで、
「EXIT(離脱)」が生まれました。

時代の流れと言えば一言で終わる話なのですが、
ローカル化した代償はそれなりに
大きくなるのではないかとみています。

■先週は、米中通商問題を抱える中で
中国が米国産大豆を大量購入したことや自動車関税に
関しても大幅引き下げる
といった譲歩を見せる場面がありました。


そのことで米中通商問題は一気に進展する可能性が
報じられたことで、

リスク選好になる場面があったものの、

現実はまだ先の話、「噂で買って事実で売る」と
いった展開もあるので、
押し目買いだけでの戦略は要注意したいです。

■そして、今週はいよいよ注目のFOMCになります。

追加利上げは既に織り込み済みです。

問題は、「ドットプロット」になります。

先日のパウエル議長のハト派と受け止めることの
出来る発言があっただけに注目したいです。

また、議長のコメントにも注目です。

特に米国債利回りがフラット化、逆イールドに
なる中での株価の動向を見据えて、

来年の利上げ慎重論的なコメントがでるかに
注目したいです。


最後に気になる材料が、

米国の予算案期限が21日であることです。

先日のトランプ大統領のコメントにもあるように、
「もし建設しないならば政府機関閉鎖も辞さない」との
過激なことをいっているだけに警戒したいです。

来年以降は利上げペースは落ちる
または休止との見方が優勢的で

今後、中期的にも押したとことは
買われるというシナリオは崩れる可能性もあります。

■最後に、ドル円のテクニカルです。

日足チャートは相変わらずのレンジ取引に
なっています。

112円~114円といったところです。

10月の高値(114.56円)からみれば高値は
切り下がっているものの、

安値も切り上げている感じです。
つまり、典型的な三角持合といったところです。

しかし、長くみれば上昇トレンドの渦中にありますが、
このトレンドを形成している時間が
長すぎることもあるので、

時間的な観点からみてもブレイクダウンを
してもおかしくないとみています。

その際に気をつけたいのが、サポートラインと
いて使いたいのが移動平均線120日線とみています。

ちなみに先週末現在で112.23円となっています。


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

■単純な押し目買い戦略では落とし穴にはまる可能性も

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------
★あと1名!オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------

■先週は、対中追加関税引き上げ中止報道で
見通しが明るい見通しで合ったものの、

カナダ当局が中国スマホメーカーファウェイ社の
CFOを逮捕した報道によって、

再び米中貿易戦争に警戒感が台頭しました。

更に米債券市場でも2年債と5年債の利回りが
逆転するといった

「逆イールド現象」が誘発しました。

そのことでNY株式市場の大幅下落が目立ち始め、
リスク回避からドル円の上値を重くさせ、
112円後半で終了しています。

■そして先週末の米雇用統計の結果、

市場予想を下回ったことで追加利上げの
サイクル見直し論も浮上し始め、
市場自体が意気消沈といったところになっています。


今月の追加利上げも1月に後ろ倒しの可能性も否めなく、
更にいえば来年の追加利上げの大幅見直しが
急務な状況となっています。

結果的には15万人と数値的には
悲観するものではないものの、

やはり利上げサイクルを早める必要性と
いう意味では慎重にならざるを得ない
のではないかとみています。

-------------------------------------------
★あと1名!オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------

■先日のクラリダFRB副議長やパウエルFRB議長の
ハト派発言を助長する数値となれば、

来年の利上げサイクルは確実に修正してくると
みています。

その意味でも12日の消費者物価指数(CPI)や
週末の11月小売売上高に注目したいです。


■そして気がかりなのがやはり、
株式市場の動きです。

週末のNYダウの戻りが鈍くなるどころか、
投売りと思える下げ幅になってきています。

週間ベースでは、今年3月以来の大幅な
下げに転じています。

特に米中での90日間の交渉期間という経過措置を
だしているものの、

その結果においては難航する恐れもあり、
更にこのタイミングで
中国ファーウェイ社副社長逮捕といった材料が
飛び込んだことで

再び交渉が難航する可能性が濃厚になっています。

■また、株式市場と同様に不安定なのがWTI原油です。

現在はかろうじて50ドルはキープしているものの、
2ヶ月前までは80ドルに接近するほど上昇トレンドが
色濃く出ていたにも関わらず、

一転急落し始め今後の景気を予想する
動きのような相場状況になっています。

■いずれにしても売り材料が出揃い始めたので、
単純な押し目買いには注意したいです。

日足チャートを見れば、3月後半の104円台後半が
底値になり綺麗な上昇トレンドを形成してきました。

しかし、ここにきて移動平均120日線(7日引値:112.09円)が
サポートラインになってきたものの、

この水準を割ることでダウントレンドに
代わる可能性もあるので警戒したいです。

また上昇トレンドに対する時間的なものも
8ヶ月間経過しているので、
そろそろ大きな調整になっても
おかしくはないとみています。

-------------------------------------------
★あと1名!オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

ハト派発言がドル円を重くしている・・・、今週の注目ポイント

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------
★オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------

■注目されていた米中首脳会談は中国に対する
追加関税に関しては見送りにしたことで、
過度なリスク回避は一旦、回避されました。


今週は以下の材料について注目をしています。

・パウエルFRB議長の証言(5日)

・クラリダFRB副議長がブルームバーグでインタビュー(3日)

・米10月貿易収支(6日)

・米雇用統計(7日)

■ここ最近になってハト派と受け取れる発言が
FRB高官から相次ぎ出始めました。

まずは、クラリダFRB副議長が

「2015年当時と比較して金利水準は中立に近づいた」との
発言を皮切りに、

パウエルFRB議長も足並みを揃えるように金利に対して
「中立をやや下回る水準」と

あれほどタカ派だった姿勢を一気にトーンダウン
させてきました。

来年の利上げサイクルも一気に黄色信号が点灯したと
捉えることのできる内容でした。

そのことで、今週も双方の発言やインタビューが
あるので、
内容次第ではポジション整理も進む可能性も
あるので警戒したいです。

-------------------------------------------
★オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------

■次に、保護貿易主義の発端となっている
貿易収支です。

一向に減少の道筋が立たない米国の貿易赤字は、

来年のメインテーマになることは間違いなく、
その矛先は中国だけでなく
日本にも目を向けられると思います。


特に自動車に関してはその額は巨大であり、
トランプ大統領も来年、25%の関税を
かける意思をみせています。

日本もそれを警戒してF35を購入しているものの
その効果はどれほどなのかは今一つ不明瞭です。


少なくてもバランスをとるには為替問題、
特に日銀のスタンスまで

トランプ大統領は今後、言及してくる可能性も
あるので警戒が必要です。

■そして、週末の雇用統計の非農業部門雇用者数も
気になりますが、

やはり平均時給に注目したいです。


いつも以上にFRB高官によるハト派的なスタンスを
伺う意味でも現状を確認する意味では重要です。

一旦、米中通商交渉に関しては冷戦状態になったものの、
両国の妥協点を含め、

世界経済に与える影響は常識では測れません。

故に、今後の両国のけん制を含め
商談には注視したいです。


最も一時的に両国が歩み寄ったとしても、
それは茶番劇にしか過ぎず、

世界経済は刻一刻と不景気の闇に
葬られようとしています。

米国が目指す保護主義の根幹は何なのか・・
「覇権」と言えばそのとおりですが、
相場的にもこう着状態になるのもわかる気がします。


■最後に、テクニカル面からみたドル円です。

チャート上では、先週114円に一旦タッチしたものの、
それ以上にはいたっていない現状です。


先日の上昇トレンドに対してそれ以上に
ハイブリッシュな展開になるにはまだ早いとみています。

少なくても来年の1月くらいまではレンジ相場とみています。

もし114円ミドルの水準では
売り優勢になる可能性もあり、

-------------------------------------------
★オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

■押し目は買われるものの、レンジ&三角持ち合いの兆しも

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------
★オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------

今週のドル円はいつも以上に神経質な
展開を予想しおり、以下の材料に注目しています。

・FRB高官発言に警戒 

・NY株式市場が2度目の調整に突入!?

・WTI原油が大台割れで世界的な景気減速なのか

・G20サミットで米中通商協議に進展があるのか

■まず、これまでFRB高官は米景気に対して、
絶対的な自信を示していたものの、

米中通商問題を皮切りに、

西側諸国の問題や中東の地政学リスクと様々な
リスクが表面化してきました。

そのことから世界的な景気減速が囁かれ始めました。


特にFRB副議長を務めるクラリダ氏から
金融政策に際して世界の経済成長を
考慮に入れる必要があるとの

ハト派的な発言をきっかけにパウエルFRB議長も
歩調合せるかのごとく、

海外の需要鈍化や米財政刺激策の減退を
指摘し始めました。

■そのことから来年の追加利上げに
対する打ち止め説が浮上しました。

また、市場はこれまで以上に
高官発言には過剰反応する可能性が
でてきています。


今週は、27日(火)に
カンザス・アトランタ・シカゴ連銀の討論会、

そしてクラリダ副議長の講演、28日(水)には
パウエル議長の講演があるので警戒したいです。

もし、ハト派的な発言が飛び出すようであれば、
ネガティブサプライズとなり

ドル円相場の大幅調整の可能性もあるとみています。

■次に、週末のNY株式市場が先週末下落したことで、
直近安値10月の24122ドルが射程圏に入りました。

また、これを下抜けることで今年の
安値23344ドルも視野に入っているので、
大幅調整の可能性もでてきました。

この最近の株安の材料は、
WTI原油先物の下落と関連しています。

エネルギー関連株が大きく売られているのと、
新型iPhoneの売上げが伸びていない状況が
材料になっているようです。


もし株価が大幅調整するのであれば、
これまでの金融政策の変更も
余儀なくされる可能性もあるのではないかとみています。

今後の原油価格の動向と併せてみていきたいと思います。

-------------------------------------------
★オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------

■最後に、これまでいつでも材料のメインにいた
米中通商問題がついに、
G20サミットで明らかになるときがきました。

進展に対する期待感もありますが、
それと同時に両国の温度差がどれだけあるのか・・

少なくても米国側には「妥協」や「歩み寄る」と
言う文字は存在しないと思います。

これをきっかけに「米国の勝利」を
勝ち取るこだわりを見せてくるとおもいます。


しかし、中国も国内の景気減速が囁かれている中では、

何らかの進展をさせたい思惑があるのと同時に
裏では「覇権」も狙っているのは間違いなくあります。

故にこの問題は「覇権」に対する一通過点にしかなく、
妥協が弱者だと思っていないはず、
最終的に勝つことが彼ら(中国)の思惑であると考えます。

相場的には進展の有無で展開が
変化するのは間違いありません。

■ただ最近の通貨市場の動きはリスクオフで
米ドルを選好する動きです。

日本円が選択されていないのが現状です。

もし、この米ドル高が継続されるのであれば、
次なる射程は「日本」ではないかとみています。

これまでの異常ともいえる金融政策や巨額の
対米貿易黒字を見逃すわけもなく、

来年からはじまる「TAG」に更に「為替」を
絡めてくる可能性はあるのではないかとみています。

■最後にドル円のテクニカル面です。

今週も113円台が改めて重く感じる
可能性が出てきています。

広くチャートを見れば底値切り上げの綺麗な
上昇トレンドの渦中にいると判断できますが、

10月の114.50円トップに見れば

三角持合いとも受け取れる動きになっています。


スウィング戦略としては、113.50円レベルに
売り指値を意識し、

下方へ抜けるポイントちしては、
先週安値112.31円水準とみています。

-------------------------------------------
★オプションの活用でFXの利益を安定化する方法が分かる!★

★今年最後の【FXオプションセミナー】開催です★

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】
-------------------------------------------


*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

■英国の離脱問題が市場へ与える影響&IMM日本円の売り越し増大

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------
☆【利益を安定できない方へ朗報】
今年最後の【FXオプションセミナー】開催です!

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

-------------------------------------------

■先週は、週末にFRB副議長からハト派と受け
止められる発言がネガティブサプライズとなり、

113円の節目を下回り112円台後半で終了しています。

また、英国やイタリアの予算案の問題に
対する進展もなく、全体的に重い展開が継続しています。


さて、今週は以下の点に注意しています。


・英国の政治不安やイタリアの財政問題の行方

・日本の貿易統計(19日発表)で対米黒字の減少は?

・25%も下落したWTI原油先物は、世界経済減速の警鐘。

・IMM日本円は再び、売り越しが10万枚強
 の水準になり調整の可能性も


■先週の動きもそうですが、英国の離脱問題を
巡って一喜一憂しています。

EU離脱草案が閣僚サイドで了承を得たものの、
議会承認にいたっては、与党が過半数を
維持していないこともあり困難な状況となっています。


更に深刻なのは、メイ英首相の交代を与党内でも
動きが出ていることです。

政局が混迷なことは今後のリスク回避の
要因にもあるので警戒が必要です。

■次に19日発表の対米黒字額が判明します。
既に4兆6千億強と昨年の数値とほぼ変わらずの状況です。

そのうちの約60%強は自動車輸出によるものです。

先日の日米通商交渉においては自動車に対して
関税の話がでなかったものの、

既にTAGは来年1月から開始するものの、
状況次第では自動車に関しても何らかの
けん制がでてくる可能性は十分あると思っています。

来年の日本は消費増税も控えていることもあり、
大規模な財政出動は避けられなく、

その狭間で日米貿易不均衡は、材料としては
警戒しなくてはならないと考えています。


■最近の相場取引の中で最もボラティリティが
高い銘柄がWTI原油先物です。

10月はじめに80ドル目前の水準にいました。

しかし、たった1ヶ月強で25%の下落した
原油先物の動きは注意したいです。

■米株式市場の大幅調整はあったものの、
それ以上にアジア株式市場は未だ底が
見えない状況となっています。

西側諸国の政局混乱、経済不透明といった
材料が加わり、

来年以降の世界経済減速も現実的なものに
なる可能性がありそうです。

それを先取りしたWTI原油先物は、
何らかのシグナルだとみています。


■最後に、IMM日本円の状況です。

今月13日時点で、再び売り越しが10万枚を
上回り、直近10月に迫っています。

その影響で高値警戒感がでています。

日足チャートをみても、先週は何度か

ヒゲを伸ばすロウソク足になりました。

この意味するところはやはり「長期持合示唆」と
いったところです。

現状のドル円自体の材料がこれといって、
大きく動くようなものがなく、

むしろ他の通貨市場の流れで左右されるところが多いので、
レンジになりやすいといったところです。


下記のようなレンジをイメージして、
カウンター狙いも想定しています。

ドル円レンジ
111.50円~114.00円

-------------------------------------------
☆【利益を安定できない方へ朗報】
今年最後の【FXオプションセミナー】開催です!

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

-------------------------------------------

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

■気になるNY原油市場が為替、株式市場に与える影響とは?

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------
☆好成績!【コツコツとプレミアムを受け取れる!】

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

-------------------------------------------


■先週は中間選挙の結果、「ねじれ議会」となりました。

そのことで不透明感が払拭され、更にFOMCで
利上げ路線の継続がわかったことで
ドル買いに拍車がかかり、

ドル円も1ヶ月ぶりの114円台に到達しました。

週末は米国の3連休を控えて
ポジション調整が入ったものの、
強い展開をみせました。

■さて、「ねじれ議会」になったことで、
様々な影響がでるのではないかとの予想も
でているものの、

株式市場や米ドルはしっかりと上昇しています。

もちろん裏づけとなる米国の経済指標も
追加利上げ継続観測もあるのですが、
それにしてもピッチが早い気もします。


■そんな明るい材料がある中で、来年以降、
世界経済が失速、もしくは

大幅にブレーキがかかることを
警鐘している市場があります。


それが「NY原油先物市場」です。

この先物価格の上昇トレンドが
ブレイクダウンしたことで、
世界的な景気減速の現れではないかと感じています。


先月の3日には1バレル77ドルと80ドル目前に
迫っていました。

しかし、その後は株価の大幅調整や中東事情、
供給問題も材料としてあるものの、僅か1ヶ月で
20ドル以上の下落で

今年2月以来の60ドル割れとなっています。

■米国の経済事情だけをみれば、
景気拡大というのが通常の考え方です。


しかし、現在も進行中の米中貿易戦争が
未だ解決していないだけでなく、

泥沼になる可能性すらあるのではないかとみています。


これに対してトランプ大統領は
以外にも楽観視しているのが不思議なくらいです。

ツイッター発言や報道発言などみれば、
今月末にもこの問題は一気に解決するような
ニュアンスに聞こえます。

そのことで相場も噂につられてリスクオンの
相場展開になっていますが、

果たして今月末で一気に
進展するのかが見所になりそうです。

■少なくても中国の株式市場をみれば、
既に影響も出始めていることや、


米国内の一部の製造業にも影響が
出始めていることをよく耳にします。

となれば、

来年以降は中国経済の失速に引っ張られるのは
米経済なのではないかと感じています。


それ故、株式市場も大幅調整、
そしてリスクオフも視野に入れる必要が
あるのではないかと感じています。

■その意味でもNY原油先物価格の
動向は引き続きみていきたいと考えています。

この原油価格の下落で産油国や新興国経済も失速、

株価や資金流失問題に発展する恐れもあるとみています。

今は一時的に米ドルを買う動きになっていますが、
このドル高もきっとトランプ大統領も
不満に思っていることや

このドル高にはけん制発言もこのさき
連発する可能性もあるとみています。

■そんな中で来年から始まる
日米物品貿易協定も為替条項を入れる
可能性も高いと個人的にはみています。


それ故、現時点では115円以上の
円安ドル高は未だ程遠いイメージを持っています。

-------------------------------------------
☆好成績!【コツコツとプレミアムを受け取れる!】

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

-------------------------------------------

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************

■米貿易収支赤字拡大でのドル円下値目途とは

  • 投稿日:

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆☆ 公式HP http://trade-time.com/
☆☆ 公式トレードサイト: 「トレード プレス」 http://www.trade-press.com/
☆☆ 現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


いつもお世話になっております。
トレードタイムです。

-------------------------------------------

☆好成績!【コツコツとプレミアムを受け取れる!】

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

■先週は、トランプ大統領が中国との通商協議に
対して進展する可能性があることを
ほのめかしたことや

週末の米雇用統計で20万人を超える
雇用者や平均賃金に関しても強い結果が
出たことで、

来月のFOMCに対する楽観的な見方が台頭しました。


ドル円に関しては113円台前半をしっかりと
キープする展開になっています。

■さて、今週は今年最大の大イベントで
ある米中間選挙が開催されます。


事前の予想では、上院では共和党、下院では
民主党といったところが大勢になっています。

つまり「ねじれ国会」となることを予想
しているメディアが多いようです。

しかし結果は当日までわかりません。

少なくても「ねじれ国会」になってもならなくても、
トランプ大統領が当初から掲げる

「米国第一主義」は更に色濃くなる
可能性もあります。

■先週、トランプ大統領は米中通商政策に
関して進展する

可能性があると表明したことで、

リスク選好になりました。

しかし、実際は今月末に行われる米中首脳会談で
何らかの進展が無ければ

追加関税も辞さない構えなのは事実です。

少なくても中国元の動きも米ドルに対して
10年ぶりの安値1ドル7元に近づいています。


これまでも北朝鮮がらみでもそうですが、
この2国の溝はそう簡単に埋まるものではない
とみています。

更にいえば

この2国はもともと覇権争いというところでいえば、
今後も緊張が継続するし高まる可能性も
あるとみています。

その意味では、これら政治リスクを
背景に年末にかけて徐々にドル売りに
なっていくのではないかとみています。


■また、先週末の米貿易収支も赤字額が
増大していることで、

来年から始まる日米物品貿易協定ですが、

これに為替を盛り込む可能性もある
のではないかとみています。

米国の落としどころは日本との自由貿易協定(FTA)
狙いは間違いないところで、

この交渉に踏み込み可能性もある
のではないかとみています。


■いずれにしても中間選挙がどのような
結果になっても、

トランプ大統領の目指す「米国第一主義」は
推し進める可能性が濃厚です。

中間選挙が終われば任期後半の2年間は
次の選挙に向けて方針や結果を
是が非でも残してくる可能性が高いとみています。

■最後にドル円のテクニカル面です。

先週末の雇用統計で強い結果がでたものの、

直近高値(10/31:113.39円)には到達していません。

これは中間選挙を控えての動きだったとみています。

上昇トレンド継続になっていますが、
上値は10月はじめの114.56円までが
いっぱいの可能性があります。


下値としては、120日移動平均線
(2日現在:111.39円)に
注目しています。

もし割れれば、
大台の110円もみておきたいです。

-------------------------------------------

☆好成績!【コツコツとプレミアムを受け取れる!】

FXオプションセミナーの詳細はこちら 
↓↓
【はじめてのFXオプション取引マスターセミナー】

*************************************

株式会社 トレードタイム
横浜市都筑区中川中央1-23-10 M.Kノースビル 4F

当社トレードサイト:トレードプレス
http://www.trade-press.com/
**************************************